市の方から新型ウイルスワクチン接種の案内が届いた。
wack
https://www.city.joetsu.niigata.jp/site/corona-vaccine/corona-vaccine-sessyu64.html


7月に入り、
64歳以下接種本格化を前に ワクチン供給に不安が
UX 新潟テレビ21 7/2(金) 18:47配信
国からのワクチン供給の見通しが立たないとして、全国の自治体では接種の予約を取りやめる事態が起きています。まもなく64歳以下の接種が本格的に始まるなか、新潟県内の自治体からも不安の声が上がっています。
(略)
一方、上越市では対策を検討しています。上越市ワクチン接種事務室大瀧早苗室長は「6月1日の通知で今までよりも供給量は減るという連絡をもらっている」と話します。
上越市では3日から、県の大規模接種センターでモデルナ製のワクチンを使った接種が始まります。比較的、予約に空きがあるため、64歳以下の市民には、市の集団接種会場ではなく大規模接種センターでの接種も進めていきます。
上越市ワクチン接種事務室大瀧早苗室長は「ファイザーが量が減ってもモデルナで市民に接種してもらえれば、9月末までに完了するスケジュールを変更せずにいけるのではないかと考えている」と話しています。
http://www.uxtv.jp/news-ux/


上越市といえば、「指定方式」
上越市、64歳以下も「指定方式」
ワクチン集団接種 7月中旬にも
2021/05/29 11:05 新潟日報
新潟県上越市は28日、16〜64歳の市民を対象とした新型コロナウイルスワクチンの集団接種について、あらかじめ日時と会場を市が割り振る「指定方式」で、7月中旬にも開始すると明らかにした。市内の16〜64歳人口は約10万1千人。2回目を含め、年内に全対象者への接種を終える計画だ。

16〜64歳への接種について、具体的な接種方法とスケジュールが示されたのは県内大規模市では初めて。ワクチン接種を巡っては、予約が殺到してスムーズに進まない事態が懸念されており、上越市の方式は他市町村の参考となりそうだ。

上越市の集団接種は町内会ごとを基本に、土日を中心に、指定した大型公共施設などで行う。日時や会場は市が事前に通知し、予約は不要となる。

6月中旬から下旬にかけ、接種券と予診票を発送する。市は約10万1千人のうち、半数以上が集団接種を希望すると見込み、実施計画の策定を急いでいる。
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20210529619579.html