「この文書で事情を理解してくれる人が1人でもいれば幸い」小室圭さん公表文書
東京新聞 2021年4月8日 14時24分

https3A


秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約が内定している小室圭さん(29)が8日、家族の金銭トラブルに関して説明する文書を公表した。小室さんが文書で説明するのは2019年1月以来2度目となる。秋篠宮さまは昨年11月、誕生日会見で「結婚することを認める」としながらも、「実際に結婚するという段階になったら、今までの経緯とかそういうことも含めてきちんと話すことが大事なことだと思う」と発言されていた。

文書は「文書の概要」4ページ、「本文」11ページ、「脚注」13ページの計28ページからなる。本文は「1.はじめに」から「8.おわりに」までの8項目で構成されている。

小室圭文書-PDF


なぜ文書が28ページに及んだんだ?
それに小室佳代とその元婚約者との間の金銭トラブルの件だけ。

他にもたくさん案件があるのに。

[注1]
もちろん、全ての誤った情報を対象とするのは、その数からも到底不可能です。

誤った情報なのか?
中には明らかに事実と違うことかもしれないが
ここまでくると、事実と異なってるとしてもそういうことにしておかなければ
おさまるものではないはず。

タイトルにもあった「1人でも」の表現から
小室圭は死人にムチを打っても何とも思わない人なのかもしれない。



途中で最近あった加藤美南の謝罪動画を彷彿させる。
a2ccb96a-s
意味不明なところなんかかぶってる。