kobarinのダイアリーノート

日々日常や思った事、感じた事を書き綴ります。 ちょっと飛んだ事も書きますが・・。

ブログネタ
好きな授業は何? に参加中!
学校に通っていた時、好きな授業は?
何だっけな?

今思うと、学校に通ってた頃「運動部」に入ってれば
よかったなー。なんて後悔してたりして(笑)

もしかしたら、ここ何年か私は自分の知らないところで
私を結果的に“不幸”にした人たちがいるのかもしれない。
(いわゆる近親どころだと思うが・・)
これについて、自分の落ち度や日頃のおこないに問題があった
というものがあったり、又先のその人たちにも事情があるというのが
あるだろうが、何か一線をこえてるものがあり奇妙な感じも・・。
自分の本心・本音は誰かしら結果的に
人を不幸にしたい
人に惨めにしたい
そして自分は・・。なんてものがある。
話を前に戻すと、先のその人たちが(いわゆる)「お上」に
「お目付け」されてる部類なら。「お目付け」されてる部類だからこそ
(いわゆる)「中央」に近いところに置かれてるのだろうな。


2
ブログネタ
大人になるってどういうこと? に参加中!
大人になるっていうのは・・。
どうも自分として書きにくい
実際「成人式」からもう十四年経ってんのに。
(『成人式』は当時住んでた埼玉県草加市
の式に参加しました。)

「大人になる」というのは
自分があるべきところにいる。
・・・・・
って事なのかなァー。

今年の目標は自身「主体性」を持つ(かな?)

4
今回の年末年始休みは本当に“寝正月”でした。
夜は夜で酒をたくさん飲んだりしたり・・。

で、一番インパクトに残ったのはテレビの話ですが
「第59回NHK紅白歌合戦」&「FNS2008年クイズ」のあの場面です。

(画像はみつけたものです)

3
新年あけましておめでとうございます。
今日は昼過ぎから近所の神社に初詣にいきました。
祈願した事はなかったです・・。
(というかそこまで気力が・・というか今自分にとって
本当のトコ何を祈願するべきか?・・今まで祈願したものが
あったとしてそれ自体そんなに大きな事だったのか?とか
感じたので)
初詣そのものです。
jinjya01jinjya02

4
年末年始休みが昨日から始まったのですが
昨日、今日と午前9時起き。
こちら(新潟県)は昨日、今日と荒れ模様の天気
仕事納め&大掃除の29日は晴れてたのに・・。
大掃除は29日と(30日に残りを少しカレンダーを2009年のものにしたり等)

で今はネットサーフィンをしたりこうやってブログをかいたりしています。

「よいお年を」
(って誰に???笑)

3
ブログネタ
2008年を振り返りましょう! に参加中!
2008年の今日は「みそか」。
今年については激動というか今までなかった経験を
たくさんした年でした。

そこでいろいろと気づいた事もありました。

というのも人々は狭い処に基準も厳密でないのに
ひしめき合ってたりすると、細かな事でも気になったりしたり
ある意味“バランス”が“均衡”しないと「やっていけない」
ものがある。だからこそ存在する商品や商売があるし、
また「この場所」に「なんでコイツがいるんだよ!」とかいうのに
ついてはやはり“こみいった事情・理由”があるからであり
一方的に「なんで・・」みたいな事言ったり思う方が偏っているし
間違っている。となる。

こうしてみると、自分自身の昔もひっくるめて考えると
実際のところ「悪い」のは自分の方だった。
自分が「そこにいる」となると、普通に考えてまかり通してはいけない
事までまかり通さなければならなくなってしまう。
結局私はその「ファミリー」の人であるものの「本流」みたいなとこから
するとまったく別の流れというか「系統」が違うというか・・。
これでは私の方が何か“要求”すること自体「悪い」。
(『悪い』と判ってても自分の中で割り切れないものがあるのも確か)

(※今、自分で書いたこのブログを読んでみて、何か私は『不幸』に
された過去があるのかな?・・あれこれ言ったところで『先方』だって
どうなんだ?とかなる・・。でも傍側の者が『先方』と私を天秤に
かけたらどっちの方をとったのかとなれば・・。)

まとめると、今まで「自分の事ととして」望んではいけない事や
持ってはいけない夢を持っていたのかも。(傍からみて私が『そうである』
事が許せなく、無性に腹が立つのであればそれまでだけど)

来年2009年の「目標」があるとしたら、擬似的にでも
「それらしく」出来、さらに「自分」の後々の「姿」が少しでも
「はっきり」出来るように。



1
「罪」を憎んで「人」を憎んだり
“ひどい事”をされたのならその分人に対して優しくならなければ
ならない。という暗黙の決まりを破ったり・・。
これらの事をしてしまった為。今の自分がある。
結局、「相手」の方が「勝ち」だったという事か・・。

1
例えば自分が酷いことを言われたとかされた。
といってもそれは「あなたのためを思ってのこと」
はたからみて「いじめ」「行き過ぎ」「悪意」が感じられたとしても。
なぜなら自分がいる「クラス」からすると、冒頭でかいたようなことを
するような人達(本人ではないにしろ同類の人達も含め)に長期的にみて
「助けて」もらわない限りやっていけないし社会的にいっぱしのものを
得る事が出来ないし出来ないようになっている。
ならばある期間、黙ってるべくものは黙ってるべき。「この場合特別
なんだ」と自分に言い聞かせ吞まなければならない。
それなのにやけをこいたり、どこかに八つ当たりをすれば
ある意味つながりを絶つもの。
これでは初対面の人から見ても何だかイヤな空気やにおいが
(自分に)まとわりつく。

今頃気づいても、もはや断たれた道(ルート)があり、
「ならば・・」といって何処かをアテにしても、もはや
(今から)20年先の青写真さえ出来てて「そこに自分が」というのも・・。
って状態なので何か・・。
続きを読む

↑このページのトップヘ